立ち仕事でのふくらはぎのむくみ解消法

立ち仕事というのは長時間同じ姿勢でいることが多いために、下半身の血流が悪くなってしまって、水分や老廃物の代謝が滞りやすくなります。
また、重力の関係で、心臓から押し流された血液が下半身に溜まってしまうので、夕方になると足がパンパンになってしまうという方も多いでしょう。
むくみをそのままにしておくと、水分や老廃物が脂肪と絡まってしまって肥大化し、セルライトという異常細胞が出来てしまいます。
この脂肪細胞は、運動をしてもエネルギーに変換されず、血管やリンパ管を圧迫してより一層流れを悪くしてしまうので、むくみはその日のうちに必ず解消しなくてはいけません。

むくみを解消するには、滞っている血液やリンパを流すこと、そして足を冷やさないようにする方法でアプローチしていきましょう。
血液やリンパの流れをダイレクトに改善するには、リンパマッサージが一番効果的です。
まずは指を1本ずつ引っ張ったり間を広げてほぐしたら、足の裏をまんべんなく刺激して、足首をぐるぐると回します。
次にくるぶし周りを押して、そこからふくらはぎから膝裏に向かって全体を押し上げるようにマッサージしてください。
足が柔らかくなったら、膝裏をぐっと押してリンパ管を刺激してリンパの詰まりを解消します。
太ももも同様に付け根までまんべんなく流し、最後は付け根の部分をしっかり揉みほぐすとむくみを解消できます。

疲れていたり、眠いという場合は、仰向けに寝転がって両手両足をまっすぐ挙げて細かく振ってください。
これだけでも心臓に血液が集まるので、ふくらはぎのむくみに効果的です。