「燃えやすいカラダ&カロリーセーブ」 これが揃えば美ボディは当たり前

ウォーキング余分についてしまった脂肪を落とすための唯一の方法。

摂取カロリー < 消費カロリー

これしかありません。
そのためには、

1.摂取カロリーを減らす
2.消費カロリーを増やす

このどちらか、または両方を生活に取り入れて行く必要があります。


酵素ドリンクpoint1 摂取カロリーを減らす

栄養不足には注意した、カロリーカット方法を!

食べ過ぎは美容だけでなく健康にもよくありませんが、ただ闇雲に食べる量を減らすと陥りやすいのが「栄養不足」。
ダイエットをすると、便秘になったり肌あれを起こすというのは、栄養不足が原因です。

体重が減っても美しくなければ意味がありません。
美しくダイエットして、それをキープするための無理のないカロリーカット方法をまとめました。

1.まずは日々の食事の見直しから 野菜中心のヘルシー献立を

0-54言わずもがな・・・ですが、食事の栄養バランスがしっかりしていれば、ダイエットする必要性もないのでは?
パスタやパン、カレーライスなど、炭水化物だけで済ませていませんか?

毎食、栄養バランスを計算して・・・というのは無理でも、意識的に毎食1品は野菜を食べるクセをつけることからはじめましょう。

また、パンよりはご飯、スープよりは味噌汁、と、バランスのとれた和食をメインにするのがおすすめです。

2.酵素ドリンクやダイエットシェイクなどのダイエット食品を利用する

iyasi-11-3とにかく体重を落としたいというのなら、酵素ドリンクやダイエットシェイクなどのダイエット食品を利用してみるのも手っ取り早くおすすめ。
ただし、「食べるのが好き」な人は物足りなさを感じるため、「週末だけプチ断食にチャレンジ!」とか、「1ヶ月だけ頑張ってみよう!」など、期間を決めてやるのがおすすめ。

また、「食べ過ぎた日の翌日の朝・昼だけ」や、「酵素ドリンク+ヨーグルトを間食にする」など、使い方のアイディア次第でカロリーをカットした生活を無理なく過ごすことも可能です。ヨーグルト

こちらもチェック!
チェック 週末プチ断食におすすめの酵素ドリンク
チェック オフィスでランチダイエット

3.カロリーカットサプリメントを利用する

girlどうしても食べたい!食生活を変えるのはストレス!!
そんな人は、カロリーカット系のサプリメントにすがってみるのもひとつの方法。

たかがサプリと言えど、侮るなかれ!余分な脂肪分や糖質が吸収されにくくしつつ、痩せ体質へと導いてくれるすぐれもの。
食べ過ぎが続くのは×ですが、どうしても食べたいときや、外食の際などにも重宝します。

チェック 人気のカロリーカット系サプリは?

kk
ダイエットサプリメント カメヤマ酵母c
腸内細菌を増やすことで、「太らない体」を作るのをサポートしてくれます。
生きた酵母が糖質・脂質を発酵分解し、エネルギー消費を促してくれる嬉しいサプリ。
ビタミンやミネラル、アミノ酸もたっぷり配合されたカメヤマ酵母は、体の内側からしっかり整えて、痩せにくい体を作るためのサプリです。
スルスルこうそ
スルスルこうそs
生きてる酵素の力で痩せやすい体を作ることを目的としたサプリメント。
パンや麺類、ケーキやクッキーなど炭水化物系が好きな人にぴったりのダイエットサプリです。
3回以上のの定期購入でお得価格になります♪
cc
カロリストンc
糖分・脂肪分の吸収を抑制してくれると言われているギムネマやサラシアをたっぷり配合。
また、普段不足しがちなミネラル分 「カルシウム」「マグネシウム」等も贅沢配合です。
太りにくい体質づくりにも役立ってくれる、続けて嬉しいサプリメント。

エクササイズpoint2 消費カロリーを増やす

代謝アップには運動が大切 | お通じケアも忘れずに

リバウンドせず、ダイエットを成功する鍵は、筋肉です。
運動は、カロリーを消費することはもちろんですが、筋肉をつけるためにも大切なもの。

また、女性らしいくびれやお尻などのボディライン、男性らしいボディを整えるのも筋肉なくしては無理な話。
激しい運動ではなくてもOKなので、ウォーキングやエクササイズなど、無理のない範囲で習慣化を。
汗をかくことで老廃物が流れ、お肌にもツヤがでてきます。

こちらもチェック!
チェック 自宅でエクササイズを続けてモテボディへ

腸のメンテで代謝アップ!やせボディキープ

ダイエット女性に多い便秘ですが、「体質だから」「よくあること」で済ませていませんか?
便秘によるお腹の張りや不快感は、腸ないの老廃物が、有害物質を発生しているため。

朝は元気をなくし、本来の働きを弱めてしまうため、消化がうまくいかなかったり、有毒物質が血液と一緒に全身をめぐり、代謝のダウンにもつながります。

しっかり出すことこそが、太りにくい体質づくりにも深い関わりを持っているというわけですね。

こちらもチェック!
チェック デトックスして体内の老廃物をリセットしよう

やせるメカニズムをおさらいしてリバウンドを防止しながらダイエット

ジョギング痩せたら終了?・・・いいえ!
ダイエットは「一生のもの」と考えて方法を選ぶべし!

ダイエットのために食事を抜いたり、急激な運動をしたりすると、初めのうちは確かに体重が減ります。
でも、その我慢、ずっと続けていくことができますか?

ダイエットは痩せたら終わり・・・と思うかもしれませんが、ダイエット前の生活に戻れば、体型も自然と元通り。
その後も体型を維持するためには、リバウンドしないための意識を保ち続ける必要があります。

カラダとは一生のお付き合い。
だから、あなたなりのダイエットとカラダのバランスのとれた生活を模索することが大切です。

人間はどうしても飽きやすいもの。
いろいろなダイエット方法=健康法を知っておくことで、日々の生活に無理なく取り入れていきましょう。

リバウンド防止のコツは間食&痩せすぎ注意?!

クッキーダイエットを始めたばかりの頃は、やる気もあり、体重も落ちやすいため、我慢もしやすいものです。
しかし、停滞期が訪れ、どうしても我慢できずにバカ食いをしてしまい・・・そんな失敗をしたことをある方も少なくないでしょう。
ダイエットを成功させるコツ、そしてリバウンドせず維持するコツは、間食を上手にとることだったりするんです。

(こちらもチェック! ⇒ ダイエット中のおやつ | 腹持ち、カロリーを比較しました

brain3また、1ヶ月に2~3kg以上は痩せないようにすることもポイントの1つ。
ダイエットし始めのころはおもしろいように体重が落ち、がんばる気にもなりますが、急激に体重が落ちると、脳が「エネルギーが足りない」と思い込み、『食べたい』という気持ちが増加します。
これが、急に痩せた場合のリバウンドの原因となります。

ダイエットをはじめたら、即痩せしたいのは誰でも同じですが、はじめのうちにがんばりすぎるのは、リバウンドの元。
特に、5kg、10kgとダイエットしたい場合は、まずは3ヶ月を目安に考えるようにしましょう。
また、「どうしても何か食べたい」というときには、OKおやつを用意しておくのもポイント。
ダイエットクッキーなど、専用のおやつを利用するのもいいですが、おしゃぶり昆布やところてんなど、普通にスーパーで買えるもので、カロリー調整することもできますよ。