体のメカニズムを知ってリバウンドを防止しましょう

痩せたら終了?・・・いいえ!
ダイエットは「一生のもの」と考えて方法を選ぶべし!

ダイエットのために食事を抜いたり、急激な運動をしたりすると、初めのうちは確かに体重が減ります。
でも、その我慢、ずっと続けていくことができますか?

ジョギング

ダイエットは痩せたら終わり・・・と思うかもしれませんが、ダイエット前の生活に戻れば、体型も自然と元通り。
その後も体型を維持するためには、リバウンドしないために自分のカラダを見つめ続ける必要があります。

カラダとは一生のお付き合い。
だから、あなたなりのダイエットとカラダのバランスのとれた生活を模索することが大切です。

とはいえ人間はどうしても飽きやすいもの。
いろいろなダイエット方法=健康法を知っておくことで、日々の生活に無理なく取り入れていきましょう。

リバウンド防止のコツは間食&痩せすぎ注意?!

ダイエットを始めたばかりの頃は、やる気もあり、体重も落ちやすいため、ちょっとの我慢ならしやすいものです。
しかし、停滞期が訪れ、どうしても我慢できずにバカ食いをしてしまい、ダイエットを辞めてしまう・・・そんな失敗、身に覚えがある人もいるのではないでしょうか。

ダイエットに「我慢」「根性」「やる気」というイメージをもってしまい、なかなか本気ではじめられない人におすすめなのが間食を上手にとることだったりするんです。

たい焼き

たとえば週に1回は「おやつは何でもOK」という日を作ってみるのも◎。
頑張った自分にご褒美デーを作って、そこまではなんとか乗り切るという風に考えてみましょう。

また、「どうしても何か食べたい」というときには、OKおやつを用意しておくのもポイント。
おしゃぶり昆布やところてんなど、普通にスーパーで買えるものでカロリー調整するのはもちろん、置き換えダイエット食品をおやつ替わりに利用するのもおすすめです。

ダイエット中のおやつ | 腹持ち、カロリーを比較しました

置き換えダイエット食品【徹底比較】ランキング

痩せすぎるとリバウンドしやすくなる!?

また、1ヶ月に痩せていいのは今の体重の5%まで。
例えば60キロの人なら、『60kg×5%=3kg』が1ヶ月に落としていい体重の限度です。

ダイエットし始めのころはやる気もマンマン、「早く痩せたい!」と思ってしまいますが、急激に体重が落ちると、脳が「エネルギーが足りないから節約モードに」という指令を出します。
これが、急に痩せた場合のリバウンドの原因となります。

ダイエットをはじめたら、はじめのうちにがんばりすぎるのはむしろリバウンドの元。
特に、5kg、10kgと大きくダイエットしたい場合は、焦らず「脳に気づかれないように」痩せるのがポイントです。

リバウンドで前よりも体型が崩れることがある!?

リバウンドを防ぐには?

せっかくやせたのにリバウンドしてしまったという経験がある人は、以前よりもカラダがプヨプヨになったと感じることがあるかもしれません。

食事制限によってエネルギーが不足したとき、身体は体内に蓄えられたグリコーゲン(糖質)や体脂肪で不足分を補おうとします。
それと同時に、筋肉を分解してエネルギーを作り出します。

運動をせずに食事制限のみでダイエットを行うと、これが繰り返され、筋肉の量が減っていきます。
すると同じ生活をしていても基礎代謝も低下し、消費エネルギーが極端に減ってしまいます。つまり『太りやすい体質』になってしまいます。

以前と同じか少ない食事をしているのにリバウンドし始め、体重が元通りになっただけでなく、締まりのないカラダになってしまうという悲しい結果に・・・。

リバウンドしないためには無理のない範囲で運動も取り入れましょう。
また、筋肉や皮膚、臓器など体の元となるタンパク質やその代謝に必要不可欠なビタミン・ミネラルなどの栄養素はダイエット中でも不足しないよう注意しなければなりません。

無理のないカロリーカット方法を身につけましょう

ダイエットやる気モードの時は食事量を急激に減らし、やる気がなくなってしまうとラーメンや菓子パン、おやつたっぷり・・・そんな太ったり痩せたりの風船ボディから卒業するために、日々の食生活を無理なく改善することを心がけてみましょう。

1.まずは日々の食事の見直しから 野菜たっぷりのヘルシー献立を

0-54言わずもがな・・・ですが、食事の栄養バランスがしっかりしていれば、ダイエットする必要のないカラダはおのずと手に入ります。
パスタやパン、カレーライス、丼ものなど、炭水化物だけで済ませていませんか?

毎食、栄養バランスを計算して・・・というのは無理でも、意識的に毎食1品は野菜を食べるクセをつけることからはじめましょう。

また、パンよりはご飯、スープよりは味噌汁、と、バランスのとれた和食をメインにするのがおすすめです。

2.20分続けなくてもOK 毎日できる運動を

エクササイズ

リバウンドせず、ダイエットを成功するポイントの1つが筋肉です。
運動は、カロリーを消費することはもちろんですが、筋肉をつけるためにも大切なもの。

また、女性らしいくびれやお尻などのボディライン、男性らしいボディを整えるのも筋肉なくしては無理な話。
激しい運動ではなくてもOKなので、ウォーキングやエクササイズなど、無理のない範囲で習慣化を。
汗をかくことで老廃物が流れ、お肌にもツヤがでてきます。

「運動は20分以上続けないと意味がない」というのを耳にしたことがあるかもしれませんが、まずは10分でも15分でもOK。
また、脂肪は運動時だけ燃えているわけではなく、運動をやめたあとも体はしばらく燃焼を続けますから、「まずは動いてみよう!」を心がけてみましょう。

チェック 自宅でエクササイズを続けてモテボディへ

3.腸のメンテで代謝アップ!やせボディキープ

ダイエット女性に多い便秘ですが、「体質だから」「よくあること」で済ませていませんか?
便秘によるお腹の張りや不快感は、腸ないの老廃物が、有害物質を発生しているため。

朝は元気をなくし、本来の働きを弱めてしまうため、消化がうまくいかなかったり、有毒物質が血液と一緒に全身をめぐり、代謝のダウンにもつながります。

しっかり出すことこそが、太りにくい体質づくりにも深い関わりを持っているというわけですね。

チェック デトックスして体内の老廃物をリセットしよう