メタボチェック

30代、40代、50代と年を重ねるごとにお腹がポッコリしてきたり、健康診断で異常があったりする人の割合は増えてきます。

健診でも平成17年からメタボリックシンドローム診断が義務付けられるようになりましたが、メタボは単に肥満かどうかを表すだけのものではありません。

体に蓄えられる脂肪のうち、主に腹部の腸間膜周辺に付く「内臓脂肪」は生活習慣病のリスクを高めることが分かっています。

現在のあなたの生活習慣、「メタボ生活」になっていませんか?
まずは、生活習慣を見直し、メタボの改善・予防の意識を高めることが大切です。

メタボの診断基準

まずは「メタボ判定」となる診断基準を確認してみましょう。

内臓脂肪の蓄積 内臓脂肪に加え下記のうち2つ以上に該当
ウエスト周囲径

  • 男性:85cm以上
  • 女性:90cm以上
脂質異常症

  • トリグリセリド値:150mg/dL以上
  • HDLコレステロール値:40mg/dL未満
高血圧

  • 最高(収縮期)血圧:130mmHg以上
  • 最低(拡張期)血圧:85mmHg以下
血糖値

  • 空腹時血糖値:110mg/dL以上

上記の基準に当てはまってしまう人は、生活習慣病の発症リスクが高いため、お医者さんや保健師さん、管理栄養士さんなどが一人ひとりの身体状況に合わせた生活習慣を見直すためのサポートする「特定保健指導」の対象者になります。
(「特定保健指導」については厚生労働省の「特定健康診査(いわゆるメタボ健診)・特定保健指導」をご覧ください。)

健康診断の結果は・・・

あなたの生活習慣に潜むメタボ度をチェック!

では、あなたの今の生活を下の質問を見て振り返ってみましょう!
今の生活習慣に当てはまるものはいくつあるでしょうか?

  • 20歳の頃に比べ、体重が10キロ以上増えた 
  • お腹いっぱいになるまで食べることが多い 
  • 食べるのが早い方だ 
  • 揚げ物や脂っこいものが好き 
  • 甘いものが大好き 
  • 味つけの濃いものが好き 
  • コーラやジュース、砂糖入りの缶コーヒーなどを良く飲む 
  • 野菜をあまり食べない 
  • 外食やファストフード、コンビニ弁当などの利用が多い 
  • 朝食を食べないことが多い 
  • 間食(おやつ)をほぼ毎日摂る 
  • アルコールを飲む機会が多い 
  • 喫煙している 
  • 同世代と比べ、歩く速度が遅い 
  • 30分以上の運動は週2回以下である 
  • ここ1年で体重が3キロ以上増えた 
  • 両親のいずれかが太っている 
  • 日頃、ストレスが溜まっていると感じる 

チェックが多ければ多いほど、メタボの危険性は高まります。
また、その生活習慣を長く続ければ続けるほどメタボのリスクが増しやすくなります。

一度にすべての習慣を修正するのは大変ですし、ストレスにもなってしまいかねません。
体は一生もの。だからこそ、じっくりと取り組むことが大切です。

はじめは「これなら続けられそうだな」ということからチャレンジして、健康で年齢を感じさせない体づくりに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ:男が選んだダイエット食 | 脱メタボ!男性に人気のダイエット食品ランキング