メタボの診断基準

30代、40代、50代・・・年齢を重ねるうちに、まるで年輪のようにおなか周りが成長(?)していたりしませんか?

メタボリックシンドローム(通称メタボ)は内臓の周辺につく「内臓脂肪」がつき過ぎること。
これが原因で高血圧や高血糖、脂質代謝異常などが組み合わさることで心臓病や脳卒中など生命を脅かす疾患を招きやすくなります。

このことから、2008年4月からはじまった特定健診・保健指導では、40歳以上の人を対象にメタボ判定を受けた人には保健指導をする対策が義務付けられています。

命にかかわるような病気にならないためにも、引き締まったお腹をキープしてカッコいい大人でありたいものですよね。
まずは、メタボの診断基準をおさらいしてみましょう。

メタボリックシンドロームの判定基準

では早速、メタボの診断基準をチェックしてみましょう。

内臓脂肪の蓄積 内臓脂肪に加え下記のうち2つ以上に該当
ウエスト周囲径

  • 男性:85cm以上
  • 女性:90cm以上
脂質異常症

  • トリグリセリド値:150mg/dL以上
  • HDLコレステロール値:40mg/dL未満
高血圧

  • 最高(収縮期)血圧:130mmHg以上
  • 最低(拡張期)血圧:85mmHg以下
血糖値

  • 空腹時血糖値:110mg/dL以上

健康診断の結果は・・・?

年齢と共に、健康診断の結果通知を見て「異常がいくつあったか?」や「薬を何種類飲んでるか」という話題で盛り上がったりしますが、もちろん異常はないに越したことはありませんし、できれば毎日薬を飲まなければいけない生活なんかしたくありませんよね。

女性よりも男性に多いメタボリックシンドローム。
内臓脂肪は分解されやすいため落ちやすい脂肪でもありますが、裏を返せば血液中に分解された脂肪酸が流れ込みやすいということにもなります。

そのため、皮膚の下につく「皮下脂肪」に比べて重篤な疾患の原因となりやすいのです。
国としても様々な予防や改善策、診断を実施していますし、健康系の企業も様々なアイテムを開発し、それらが販売されるようになってきています。

メタボが原因で起こりやすい病気

メタボ診断はただの肥満判定ではありません。
先述したとおり、多すぎる内臓脂肪は血中の脂肪濃度をあげてしまうため、生活習慣病が引き起こされやすくなります。

1.メタボの人の体内で起こりやすい異常

分解されやすい脂肪が体内にため込まれているメタボリックシンドローム。
そんな体の中では次のようなことが起こりやすくなっています。

高インスリン血症
内臓脂肪が分解され、血中に大量の遊離脂肪酸が入り込み、それらが肝臓へと運ばれていきます。
常に多くの脂肪酸が流れ込むために肝臓のインスリン感受性が弱まってしまい、体が「インスリンをもっと出そう!」としてしまいます。
これが高インスリン血症を発症させてしまいます。
脂肪異常症
血液の流れによって全身に大量の脂肪酸が運ばれていきます。
これが中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールをどんどん作り出したりHDL(善玉)コレステロールを減らしてしまい、脂肪異常症を引き起こします。

2.メタボが原因で発症しやすい病気

体内が上記のような状態になることで、生活習慣病と言われる様々な病気が発症しやすくなってしまいます。

高インスリン血症から起こりやすい疾病
高インスリン血症となることでインスリンの分泌量が増加し、腎臓に負担がかかります。
これが糖尿病・高血圧・心筋梗塞・狭心症などを引き起こす原因となってしまいます。
脂質異常症から起こりやすい疾病
脂質異常症になると中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールが増加し、血管が傷つけられたり、動脈硬化が進行しやすくなります。
その結果、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。

メタボリックシンドロームが引き金になって発症しやすい病気は、命の危険を伴う重篤なものや後遺症が残ってしまう可能性が高いものが多いのが特徴です。

大変なことになってしまう前に生活習慣を見直して予防をすることがとても大切です。

こちらもおすすめ:内臓脂肪 | 落としやすいメタボ肉 病気には要注意!

3.メタボ改善のために行いたいこと

前述したとおり、メタボの原因となる内臓脂肪は皮下脂肪よりも溜まりやすく減りやすいという特徴があります。
そのため基本的な生活習慣を見直すことが予防・改善につながります。

ダイエットの基本は食事と運動ですが、メタボの予防・改善もこれにつきます。

大切なのは継続すること。体の変化は緩やかですから三日坊主のダイエットではなにも改善されません。
そのことを踏まえて、食事の改善や運動も毎日続けられる方法を選ぶのがポイントです。

食事改善は無理なく続けられることからはじめてみよう

食生活の改善

食べることが好きな人なら「アレを食べない」「コレはこのぐらいしか食べちゃだめ!」というストイックな食事制限は我慢が続くことで爆食いに走ってしまうことも・・・。

まずは自分自身が健康を意識し、それを習慣化していくことが大切です。

例えば食物繊維がたっぷり含まれている野菜やキノコを先に食べることで、その後に食べる糖質や脂質の吸収を穏やかにすることができます。
揚げ物やごはん・麺類など油っぽいものや炭水化物が好きな人は特に、野菜を先に食べることを習慣にしてみましょう。

運動も「習慣化」がカギ!楽しく続けられそうなことから取り組もう

運動も習慣化が大事

運動も食事同様、毎日継続できるかどうかがカギです。
今まで全く運動してこなかった人が「毎日10キロ走るぞ!」と意気込んでも10日も続かないのは目に見えていますよね。

たとえば寝る前に5分のストレッチも習慣づくまでは意外と面倒くさく感じてしまうものです。
でも、健康のため・若々しさのためといった目標をしっかり自分の中に根付かせることができれば、おのずと続けることができ、レベルアップにも興味が沸いてきたりします。

出勤時やお昼休みにウォーキングする、マンションは階段を使う、トイレに行くたびにストレッチするなど、日常の中に取り入れやすいものからはじめてみるのもおすすめです。

自分の体に興味を持ち始めることができれば、「もうちょっと絞りたい」「筋肉をつけたい」といった欲が出てくるはず。
沿うなってきたらシメシメです(笑)。ワンステップアップした運動を取り入れて、理想のボディを育てられる運動を取り入れていきましょう!


食事の見直しも運動を取り入れることも、体の変化はすぐには望めませんが、習慣化してゆっくりと変化すればもとには戻りにくいのが体のしくみ。
自分の身体とは一生涯の付き合いです。焦らずじっくりと、年齢を感じさせない健康的でかっこいい体を育てていきましょう!