本格ダイエットに挑戦!断乳したら本気ダイエットを即スタート!そんな美ママが増えています

産後ボディが気になるママも、授乳中は赤ちゃんにもママにも栄養が必要な時期。
母乳をあげているうちはなかなか本格的なダイエットはできません。

でも、卒乳したら、早速ダイエットするぞ!というママが増えています。
とはいえ、赤ちゃんの育児もあり、なかなかまとまった時間は取りにくいもの。
そんな、家事に育児に忙しいママが、女性らしいボディラインを取り戻すためのダイエット方法とは?

産後の体型を「美ボディ」に変化させるためには、ダイエットはなるべく早めにはじめるのがコツ。
産後ボディは今後の体型にも影響を及ぼすので、今のうちに本格的にチャレンジするのが◎。
パパも惚れ直すようなボディラインを作っちゃいましょう♪

まずは体重オーバーをなんとかしたい!!卒乳後の本気ダイエット

体重オーバーはカロリーセーブが鉄則!短期間集中ダイエット

ダイエット出産前よりも大きく体重がオーバーしてしまったり、5kg以上体重を落としたい!というのならカロリーセーブは避けられません。

基本は「食べ過ぎストップ!」ですが、いつまで続くかわからないガマンをするよりも、期間を決めて置き換えダイエットにチャレンジするのも効果的です。

置き楽美人そんなときに気になるのがダイエットシェイクや酵素ドリンクの存在。
独自の食事制限ではついつい不足気味になる栄養素もしっかり摂れるこれらのダイエットドリンクは、肌荒れやげっそり『老けやせ』を防ぐのに有効です。

チェック酵素ドリンク

酵素ドリンク今や「女性の美容&ダイエットの定番」とも言える酵素ドリンク。
数十種類の野菜や果物、野草などを漬け込んでつくられる酵素ドリンクは栄養も豊富。
また、現代の食生活では不足しがちの酵素をたっぷり取り入れることで、内側から代謝機能に働きかけてくれます。
置き換えダイエットはもちろん、美容と健康、ダイエットのために1日1杯続けている人も増えています。

more人気の酵素ドリンクをチェック!

チェックダイエットシェイク

orbis酵素ドリンクに押され気味とはいえ、置き換えダイエットにはダイエットシェイクを利用している人がまだまだ多い、定番人気のダイエット食です。
特に甘党の女性にはスイーツを食べている感覚で続けられるのが人気の理由の1つ。
メーカーによって味のバリエーションなどにも差があるので、楽しみながらいろいろ試してみている人もいるようですよ。

more人気のダイエットシェイクをチェック!

産後のたるみを解消するにはエクササイズが効果的

痩せただけでは元に戻らない!?産後ボディの引き締めにエクササイズ!

出産後のダイエットでの悩みどころがここ。体重が減っても何かが違う・・・。
「痩せてもおなか周りのたるみが元に戻らない・・・」ということです。
「ダイエット=痩せること」という常識がガラガラと崩れてしまう方も多いのではないでしょうか?

checkエクササイズはボディラインづくりに欠かせないもの!

エクササイズダイエットというと「食事制限」と「運動」というのは常識。
でも、女性らしいボディをつくるためには、カロリーを消費するための激しい運動は必要ありません。
なぜなら、運動(エクササイズ)は、カロリー消費のためではなく、綺麗なボディラインをつくるためだから。

育児でまとまった時間の取れないママこそ、自宅で簡単にできるエクササイズを取り入れるのがおすすめ。
辛い運動を行うよりも、毎日10分でもボディラインを意識した動きを丁寧に行う方が、女性らしいマーメイドラインを作るのには効果的です。

チェック自宅で出来るエクササイズをチェックしてみよう

こちらも参考にしてみてね

卒乳したら本気ダイエットを開始!まずはスタートダッシュから!

出産後は体重の戻りがとっても気になるものですが、授乳中は本格的なダイエットもできず、焦りを感じるママも多いもの。
卒乳したら、早速本気のダイエットを始めましょう。
ダイエットは、摂取カロリーを控えるだけでなく、栄養バランスをしっかり考えなければ、美しく痩せることはできません。
でも、赤ちゃんがいるとなかなかまとまった時間は取れませんよね。
ダイエットのために自分だけのメニューを考えたり、毎食カロリー計算をしたり・・・というのはなかなか難しいものです。
そこで置き換えダイエット食品が役に立ちます。
毎日の3食のうち1食を置き換えるだけの置き換えダイエットは、手間もかからず、忙しいママにはぴったり。
しかも栄養バランスもしっかり取れるので、痩せたことによって老けてしまったり、便秘になってしまったり、肌が荒れてしまったり、というトラブルになりにくいのもポイントです。
ママになってもいつまでも若々しく美しく、キュートであるために、痩せるだけでなく、『美容目的の』ダイエットを心がけてくださいね。