管理人管理人


内臓脂肪とは

ポッコリお腹は内臓脂肪のシワザ!

体に貯蔵されるのは内臓脂肪と皮下脂肪の2種類。
このうち皮膚の下につく皮下脂肪に比べ、ポッコリお腹の原因ともなるのが内臓脂肪です。
いわゆる「メタボ腹」「ビール腹」は内臓脂肪が原因ということになります。

でも、これからダイエットをする人にとって朗報なのは、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落ちやすい脂肪であるということ。
ただし、全身につく皮下脂肪に比べ、腹部の腸間膜の周囲に着く内臓脂肪は生活習慣病などの病気の原因となりやすいため、生活習慣の見直しとともに健康的にダイエットをしていくことが必要です。

メタボ判定を受けたならダイエットは必須!ポッコリお腹が引っ込めば、それだけで見た目も若々しさを取り戻します。
ここではそんな内臓脂肪について詳しく見ていきたいと思います。
比較的減らしやすい内臓脂肪を落として、健康的で若々しいボディを取り戻しましょう。

皮下脂肪についてはこちらのページをご覧ください。

内臓脂肪はどんな人につきやすい?

内臓脂肪がつきやすい人は?

内臓脂肪はその名のとおり内臓の周辺につく脂肪です。
そのため、皮下脂肪のように指でつまむことはできません。

内臓脂肪には、臓器を一定の位置に支えて固定するという役割があるものの、お腹がポッコリと出るほどの内臓脂肪がついてしまったら生活習慣の見直しが必要です。

前にも書いたとおり、皮下脂肪は比較的落としやすい脂肪です。
脂肪がため込まれてしまう原因は、消費カロリー < 摂取カロリーであることにつきます。
また、年を重ねても代謝の激しい10代、20代の頃と同じ食生活を続けていれば、年齢とともに太ってきてしまうのは当然ということになります。

男性に多い「内臓脂肪型肥満」 その理由は?

皮下脂肪型の肥満が女性に多いのに対し、内臓脂肪型肥満は男性に多くみられます。

男性に多い内臓脂肪型肥満

その理由は、女性に比べ男性は筋肉量が多く、腕や脚、背中、胸などに筋肉があり体脂肪をため込むスペースが少ないから。
そのため、内臓のまわりに体脂肪がため込まれやすくなってしまいます。

一方、女性は出産の可能性からおなか周りのスペースを埋めてしまうわけにはいかないため、腕や脚、背中、胸(乳房)に体脂肪がつきやすくなります。
ただし、女性の場合も女性ホルモンの分泌量が減少する40代~閉経後に内臓脂肪の量が増えやすくなりますから、油断はできません。

メタボ腹のリスク 内臓脂肪が多いと病気になりやすいワケは?

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて代謝が活発で分解されやすく使われやすい脂肪です。
例えると、皮下脂肪が冷凍庫に入ったお肉であるのに対し、内臓脂肪はチルドルームのお肉、すぐに使える状態で保存してあるというイメージです。

ただし、分解されやすいということは、つまり血液の中に遊離脂肪酸(分解された脂肪)が流れやすいということです。

内臓脂肪が多くなれば血中に大量の遊離脂肪酸が流れ込み、それが内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の症状を引き起こし、糖尿病や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など重篤な疾病を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

健康診断でウエスト周囲を測りメタボリックシンドロームの診断基準の1つにもなっているのはそのためです。

ちなみにメタボリックシンドローム(通称「メタボ」)の診断基準というと、ウエスト周りばかりが気になりますが、内臓脂肪、コレステロール値、血圧、血糖値の数値が基準となります。

メタボリックシンドロームの診断基準
【内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100㎡以上相当値)】

  • ウエスト周囲径:男性85cm以上、女性90cm以上

これに加え、下記から2項目以上に該当する場合

【脂質異常症】

  • トリグリセリド値:150mg/dL以上
  • HDLコレステロール値:40mg/dL未満

【高血圧】

  • 最高(収縮期)血圧;130mmHg以上
  • 最低(拡張期)血圧:85mmHg以上

【高血糖】

  • 空腹時血糖値:110mg/dL以上

上記の基準は日本国内で一般的とされているものです。

「お腹が出ていた方が恰幅が良くていい」なんていう人もいますが、お腹がポッコリしすぎているのは健康面から見て危機感を持つべきサインでもあります。
また、お腹が引き締まることで美容面にも効果は大!女性はもちろん、男性もぐうたらボディを引き締めればおのずと「デキル男」に見えるようになります。

内臓脂肪を効率的に落とすには?

分解されやすい内臓脂肪は、運動などでエネルギー消費をさせやすい脂肪でもあります。

ダイエットの基本=健康の基本は食生活と運動。
これらを見直すことで病気の予防とともに、健康的に体を引き締めることが可能です。

大切なのは続けること。普段やらないようなキツイ運動を3日で辞めてしまうよりも、毎日続けられることを継続するのがダイエットのコツです。

たとえば食事の際は食物繊維の多い野菜をはじめに食べることで、その後に食べる糖や脂質の吸収を和らげることができます。

栄養バランスはダイエットの要

また、歩くときや座っているときの姿勢を正すことで体幹を鍛えることができます。
正しい姿勢を保つのは初めは思ったよりもきついですが、それが習慣化されれば、骨盤周辺の大腰筋や腸骨筋などもおのずと鍛えられることになります。

短時間でできる自重筋トレでメタボ改善エクササイズ

脚を上げて腹筋と股関節まわりを鍛える
  1. 耳と肩、足のくるぶしが一直線上に来るようにまっすぐに立ちます。
    骨盤が前後に反っていないか、鏡で確認してみましょう。
  2. 左足を膝をまげて床とももが平行になるまで持ち上げ、おろします。これを8回×4セット。
    おろしたときには足を床につかないようにします。
    ぐらつくようならはじめは机や壁につかまってもOKです。
  3. 今度は膝を肩に近づけるイメージで横に持ち上げます。これを8回×4セット。
    おろしたときには足を床につかないようにします。
  4. 右足も同様に行います。
ちょっと上げるだけ腹筋
  1. 仰向けに寝て両膝を立てます。
  2. 目線は天井の1点をみつめたまま、まっすぐ上に上体を持ち上げます。
    上まで起きず、肩甲骨が床から離れる程度まででOK。
    あごは引き過ぎず、胸とあごの間にげんこつ1つ分のスペースを空けておくのがポイント。
  3. 上体を上げた状態を一瞬キープして戻すを繰り返します。8×4セット。

5分もあればできる自重筋トレの例です。
ちょっとのことも毎日継続すれば大きな差になってきますよ。