なかなか抜けない疲れ 脳のリフレッシュも◎

疲れには身体的な疲れだけではなく、精神的な疲労やストレスからくる疲労などがありますが、それとともに肉体的な疲れが精神面にも疲労感を及ぼしてしまうケースもあります。
また、40代、50代と年齢を重ねるにつれ、スポーツやエクササイズをたくさんした後や身体を動かす仕事の後の疲れが長引くことも。

疲労の回復力の衰えの原因は代謝が落ちていることも主な要因の1つです。
疲れているとカロリーの高いものが食べたくなったりしますが、糖質や脂質の摂り過ぎは内臓が疲れてしまう原因ともなってしまいますから、代謝をサポートする栄養素を食事やサプリメントから補助するようにしましょう。

身体を動かしていないのに疲労感が抜けないという場合は、脳や精神的な疲れがたまってしまっているのかもしれません。
そんなときは、「嫌なことを1つ辞めてみる」「好きなことを思い切って初めてみる」というのもおすすめです。
たとえば夕飯を作るのを1日さぼってみたり、ほしかった本を買ってみる、というだけで気分が晴れ晴れし、ワクワクした気持ちになります。
脳は楽しいことが大好きですから、たまには自分を甘やかす=いたわってあげるのも若さ・リフレッシュのヒントになります。