アンチエイジングが気になる40代 サプリで内側からもケアを

鏡に写る自分を見るたびに気になる部分に目がいってしまう40代。
肌のお悩みも1つだけではなく、たるみ、シミ、小じわ、ほうれい線、くすみなど、複数のお悩みを抱えてしまう人が増えてくる年代です。

そして、これからは同年代の見た目年齢の差が大きく広がっていく年代でもあります。
元々の美しさがもてはやされるのは30代前半まで。これからは「美意識の違い」がキレイでかわいい大人であるかどうかの違いになります。

年齢とともにお肌が衰えてしまうのは自然の摂理。でもそれにいかにして抗っていくかで実年齢マイナス10歳も夢ではありません。
美顔エステに小まめに通ったり、高級化粧品を使い続けられなくても諦める必要は全くありません。
今の自分の状態を見極めて、足りないものを補ってあげたり、またはいらないものを省いてあげることが肌の健康の基礎となります。

また、ついつい忘れがちですが、健康は美肌の基本中の基本です。
例えば甘いものの食べすぎは肌の糖化の原因となりますが、高カロリーは肥満を招き、さらにコレステロール値が高くなれば動脈硬化により血管がもろくなります。
全身へ栄養素を運ぶのが血液の役目ですから、食事自体が美容に深く関わりあうのはお分かりいただけると思います。

サプリメントはあくまで補助的な役割と考え、これを機会に食生活や運動習慣、睡眠の質など、美容と健康に深く関わる生活習慣を再確認してみるのも良いかもしれませんね。