ゆきこ

当サイトをご覧いただきありがとうございます。管理人のYUKIKOです。
このサイトは健康的に美しくリバウンドせずにダイエットすることを目指す方に見ていただくために作成しております。

体とは一生のお付き合い。だからダイエットも今痩せることだけでなく、ずっと付き合っていかなければいけないんですよね。

若いころのダイエットの失敗が40代以降の健康被害に結びついたり、年齢を重ねるにつれ若いころのように痩せなくなってしまったり。
ダイエットのお悩みは1人1人異なりますが、ダイエットアドバイザーとして詳しく答えていければいいなと思っております。

管理人のプロフィールはこちらです

即痩せ!あなたはどのタイプ?

産後ダイエット産後のダイエット
授乳中のデトックスや、断乳後の本格ダイエット。
酵リバウンドストップ!リバウンドしたくない!
ダイエット⇒リバウンドをもう繰り返さないために。
10kg以上ダイエット目指せ!-10kg!
大きくダイエットしたい人はこちら。

即痩せ!本格ダイエット 人気のシェイク・ドリンクでダイエット

20代20代に人気
なにかと忙しい20代が選んだのはこの置き換えダイエット!
30代30代のダイエット
美容にも気遣いたい30代が選んだのは・・・。
40代40代におすすめ
ダイエット&エイジングケアで美魔女に♪

本格ダイエットの定番!ダイエットシェイク

商品名 価格 ポイント 総合評価
美容液シェイク美容液ダイエットシェイクs 6,400円 美容にもこだわったダイエットシェイク。コラーゲン配合です。 オススメ!
スムージーミネラル酵素グリーンスムージー 2,458円 野菜たっぷり・酵素たっぷり。満腹サポート成分で満足感あり! オススメ!

話題!人気の酵素ドリンク

商品名 原材料 価格 ポイント 総合評価
ベルタ酵素ベルタ酵素 165種類の原料 5,080円 2本以上の定期購入でサプリメントプレゼント中です。
(定期購入は1回でやめてもOK♪)
オススメ!
優光泉優光泉 60種類の植物原料(混ぜ物なし) 2本で7,980円 アスリートも利用する、混じりっ気なしの酵素ドリンク。味の違う2本セットがおすすめです。
(定期購入は1回でやめてもOK♪)
まあまあ
ミネラル酵素ドリンクミネラル酵素ドリンク 75種類の植物原料 3,980円 おいしいリンゴ風味の酵素ドリンク。定期購入はさらにリーズナブルです。 まあまあ

健康的にダイエットしているつもりでも・・・

健康的にダイエットしてる?

自分では健康に気遣っているつもりでも年齢を重ねるにつれ体重が増え、メタボ検診でひっかかってしまったり、コレステロール値がいつの間にか高くなっていたり。
そして、ダイエットをがんばっていることで、実は健康に害を与えてしまっているということもあります。

でも、生活をちょこっと変えるだけでカラダやココロが楽になり、「ダイエット=根性」ではないことに気づくことができます。

例えば、次のこと、正しく理解できていますか?


  • 100kcalのコーラと100kcalのバター、どっちが太る?
  • 1kgの体脂肪を減らすには、どのぐらいのカロリー減が必要?
  • 体脂肪にも病気を引き起こしやすいものとそうでないものがある?

ただ闇雲に食べる量を減らすのでは「ダイエット」どころか健康に害が出てしまうのはご承知のとおり。それどころか見た目年齢を老けさせてしまう要因にもなってしまいます。

ダイエットの目的としたいのは「健康」「美」「若さ」。
そのためには正しい知識をもって無理のないダイエット習慣を取り入れ、楽しくハッピーな毎日を送りましょう。

上記の問題のこたえ

100kcalのコーラと100kcalのバター、どっちが太る?
コーラのカロリーはほぼ糖質、バターはほぼ脂質。
どちらも同じカロリー分摂取した場合どうなるのでしょう?

脂質は「ダイエットの大敵」のように思われていますが、エネルギー源になる以外に細胞膜やホルモンなどの原料になる大切な栄養素です。
また、消化・吸収が悪く、そのまま排泄される割合も意外と高いのです。

一方、糖質は脳のエネルギー源となる唯一の栄養素でこちらも大切ですが、体内で作ることのできる栄養素でもあります。
脂質同様、摂り過ぎれば脂肪細胞に取り込まれ、実は糖質は脂質以上に体脂肪としてため込まれやすく、日本人の肥満の原因の多くは糖質の摂り過ぎが原因です。

つまり、答えは「コーラ」ということになります。

1kgの体脂肪を減らすには、どのぐらいのカロリー減が必要?
食べる方の脂質のカロリーは1gあたり9kcalというのは学校で習った覚えがあるかもしれませんね。
これを反対に考えれば、体脂肪1kg(1000g)は9000kcal!すごいエネルギー源ですね。

ただ、エネルギーとして利用する場合、代謝などで減る分を考えると、体脂肪1kgは約7,200kcalと言われています。
単純計算で、2キロダイエットしたいなら14,400kcal、3キロダイエットなら21,600kcalのカロリーコントロールが必要ということになります。

体脂肪にも病気を引き起こしやすいものとそうでないものがある?
肥満の原因となる体脂肪は2種類。「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があります。

皮下脂肪は全身につきますが、太ももやお尻、二の腕などにつきやすく、一度ついてしまうと落ちにくい脂肪です。
女性につきやすく、ダイエットに苦労してしまうのがこの脂肪ですが病気を引き起こす原因にはなりにくい脂肪です。

一方、内臓脂肪はその名の通り内臓周辺につくポッコリお腹の原因となる脂肪です。
合成・分解が活発で落としやすい反面、分解された脂肪が血管に流れ込みやすく、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの疾患を引き起こす確率が高くなります。

ダイエットの基礎知識

基礎代謝とは?ダイエットを効率化しよう

基礎代謝とは

代謝が悪いと痩せにくい」というのは聞いたことがある方がほとんどではないでしょうか?
そんなダイエット知識の基本とも言える基礎代謝をここではおさらいしておきましょう。

基礎代謝を上げるには?

基礎代謝をアップするには?

基礎代謝を上げるには筋肉を増やせばいい?実は、基礎代謝をアップさせるにはキツイ筋トレよりも生活のちょっとした工夫が効果的。ダイエットを楽にするために、基礎代謝を上げる生活習慣を取り入れましょう。